差別化に対する個人的な考え

好きなポケモンと一緒に勝ちたい人向けの雑記です。
好きなポケモンがマイナーな人がよく言われる『差別化』について、自分の意見を発信したいと以前から思っていたのでつらつらと書きたいと思います。
正直似たようなことを書いている方は既におられると思いますが、まあ書かせてください。笑


『このポケモンを使って勝ちたい!』という人の考えは、大きく分けて以下に二分されると思います。

-----------------------------------------
①とにかく好きなポケモンを使って勝ちたい
②好きなポケモンにしかできないことをさせて勝ちたい
-----------------------------------------

要は①が差別化を無理に意識しない、②が他のポケモンとの差別化をさせたいということです。

僕個人の意見としては、①の方がいいと考えています。
理由は、差別化に固執しすぎるとそのポケモンの可能性を狭めてしまうからです。


例として、ここではジュゴンをラプラス・トドゼルガと比較して考えます。ジュゴン好きの方はごめんなさい。

dewgong.giflapras.gifwalrein.gif

この3体の種族値は以下のようになっています。対戦Wikiから引用。

sabetuka.jpg

素早さが少しだけ勝っていますが、他の能力はほぼ下回っており特性もラプラス・トドゼルガのいずれかと被っています。
技はどうでしょうか。対戦Wikiによると、
・トドゼルガもラプラスも覚えない技
 -つららばり、アクアジェット、ねこだまし、かなしばり、なかまづくり、ゲップ
・トドゼルガが覚えない技
 -こおりのつぶて、ほろびのうた、ドリルライナー(トドゼルガはじしんを習得可能)、しんぴのまもり
・ラプラスが覚えない技
 -アンコール、たくわえる

ジュゴンを技で差別化させる場合、「ラプラス・トドゼルガが共に覚えない技を覚えさせる」または「ラプラスが覚えない技とトドゼルガが覚えない技を両立させる」の2つがあると思います。

ここで、技が「れいとうビーム」「なみのり」「こおりのつぶて」@1のジュゴンを使うとします。

差別化について②の考え方をする場合、差別化のためにジュゴンだけが覚える「かなしばり」か、こおりのつぶてを使えるラプラスが覚えられない「アンコール」あたりが選択肢となるかと思います。
もしも対戦において「れいとうビーム」「なみのり」「こおりのつぶて」まで相手に見えている場合、『わざわざジュゴンを採用しているのだから、残りの4枠目の技は「かなしばり」「アンコール」あたりだろう』と相手に読まれてしまい、それらを警戒された行動をとられる可能性が高くなります。
差別化を意識すると選択肢が狭まり、結果としてジュゴン自身のポテンシャルを下げてしまいかねません。

ですが、差別化について①の考え方をすれば、4枠目にはラプラスの劣化上等で「ぜったいれいど」を覚えさせるという選択肢があります。
「アンコール」警戒で交代した相手に「ぜったいれいど」をかますことも可能なわけです。
もしうまくいけば、『その技構成ならラプラスでやれよ!』と相手に捨て台詞を吐かせながら勝つこともできるかもしれません。

前述の4つの技を使うポケモンとして見れば、たしかにジュゴンよりもラプラスの方がいいかもしれません。
ただ、『ジュゴンと一緒に勝ちたい』という想いが先行するのであれば、例え劣化となろうともパーティにあった一番使いやすいジュゴンを使うべきだと僕は考えています。
ジュゴン自身の可能性を狭めないためです。

それに、アンノーンのような特例を除けば完全劣化になるようなポケモンはそういません。細かいところで勝っていたりします。
ラプラスの技構成でありながら、特性をあついしぼうにして炎耐性を持つとかはその一例かなと思います。(ジュゴンのSはラプラスよりも10高いですが、ラプラスは努力値を余らせてSに回せるほど他の種族値がジュゴンよりも高いため、おそらく最速ラプラスよりもSを高くしなければSで差別化できているとは言い難いでしょう)
一見劣化でも、使っているうちにそのポケモンならではの良さはきっと見えてきます。

以上の理由から、僕は好きなポケモンで勝ちたいならば、差別化を無理にする必要はないと考えています。
ただし、無理せずに差別化できていて勝てるのであればそれに越したことはないでしょう。

勿論違う意見の方もいるでしょうし、その方の考えを否定するわけではありません。あくまで僕の考えです。
矛盾している点があればご指摘いただけると助かります。
また、他にいい例えがあればご教示ください。



それにしても、ジュゴンってフリーズドライ覚えないんですね。あげてもいいと思うんだけど。
スポンサーサイト
プロフィール

ハネコマ

Author:ハネコマ
ファイヤーと一緒にレートで遊んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者カウンター